はい、今回が天羽くんの記事で言ったように各部隊のエンブレムについてのお話をしたいなと思います。ワートリを読み返して気づいたんですか、エンブレムって隊員達が自分たちで考えて作ってるよっていうコンセプトみたいですね。。つまりあの記事の考察は…いや、それはそれであってるような気も…妄想なんで許して・・・
 気を取り直して、エンブレムを見てきましょうか。
IMG_20181126_0001
(BBFより引用)

 こちらは現在A級一位の太刀川隊のエンブレムですね。みなさんこのエンブレムがチーム内格差の象徴であることをご存知ですか?NO.1攻撃手・太刀川慶を要する太刀川隊は2名のアタッカーと1名とオペレーターと1名のスポンサーで構成されています。そのため、エンブレムの一本目に刀は太刀川慶を、二本目の刀は玉バカこと出水を、三本目は太刀川の二本目(太刀川の戦闘スタイルは弧月二刀流)を、そして背景の三日月は作中屈指の癒しキャラ・国近さんを表しているのです。どの企業のロゴでもそうですか、スポンサーというのは表立ってプロデュースされないものです。A級隊員では最弱、B級隊員でも見劣りするレベル、Mr.うちのお荷物君こと唯我は戦闘員ではなく、あくまでもスポンサーということですね。(それでも嫌がらせ眼鏡でも強いという。)
 …実質戦闘員が二名でもA級に頂点に君臨する太刀川隊はさすがといったところですね。二位の冬島隊にも言えることですが、単純に数=強さではなく部隊としての連携も重要というのがワールドトリガーの面白いところですね。

IMG_20181126_0002
(BBFより引用)

 次はA級二位の冬島隊です。エンブレムは恐らくチェスの駒のナイトです。冬島隊はメンバーがNO.1スナイパーの当馬勇、トラッパーで隊長の冬島慎次そして戦闘に参加しないオペレーターのみという異色のチームです。この部隊はトラッパーである冬島がスイッチボックスを用いてワープやトラップで撹乱し、エースである当馬を強化するという戦術が持ち味です。エースを強くという意味では玉狛と同じ戦法ですね。正確な戦闘シーンこそ描かれていませんが、9巻で屋上でのミラVS当馬、奈良坂という場面でのワープ、そして15巻でのA級4人VSガロプラの場面でワープを使用した際に冬島隊のエンブレムが浮かび上がるということから、主にワープを使った戦法であることが予想されます。しかし、BBFによると指揮の能力は冬島は決して高い数値ではないので、オペレーターである真木理佐が戦場をチェスの盤面のように掌握し、勝利をつかむのでしょう。当馬と冬島というかなり個性的な人物が集まってますから、オペレーターの真木理佐さんもきっとかなりの曲者なんだと勝手に思ってます。

IMG_20181126_0003
(BBFより引用)

 さて、A級三位の風間隊のエンブレムですが、非常にわかりやすいので皆さんも予想してみてください。はい、そうです。皆さんご存知の通りステルス戦法(ステルス=目に見えないので、眼に映らないで眼にバッテンですね)がコンセプトです。どうでもいい話なんですか、ボーダー本部内ではトリオン体で過ごしたり、トリガーも発動できる(影浦のマンティスくびちょんぱ事件から)のでメレオンも本部内で使用できるわけです。結構犯罪のにおいがしませんか。まあ風間さんに限ってそんなことはないと思うんですが、案外菊地原あたりが真顔で風間さんを覗いてそうですよね。ちなみに、歌川は紳士なので女性の裸なんて絶対覗きません。

IMG_20181126_0004
(BBFより引用)

 恐らくモチーフが「コカトリス」のエンブレムをもつA級四位の草壁隊です。草壁隊は隊長がオペレーターである草壁早紀という異色のチームです。といっても香取隊も私は勝手に花さんがリーダーと思っています。どうでもいいんですが、なぜ香取隊だけ大学のサークルばりに恋愛脳強めなんでしょうか。
 さて、草壁隊のエンブレムの意味について考えていきましょうか。まず「コカトリス」がどんな生物なのかについて話しましょう。コカトリスは同じく伝説上の生き物であるバジリスクから派生したとされ、その外観も初めは蛇だったのが首から上と下肢は雄鶏、胴と翼はドラゴン、尾は蛇というふうに、複数の生き物が混合した姿に変貌していったとされてます。様々な生物が複合された様子はギリシャ神話に登場するキマイラと非常に似ています。なぜエンブレムがキマイラではないかというと、ギリシャ神話をモチーフはアフトクラトルになってしまうので、由来がギリシャ神話ではないコカトリスになったのではないでしょうか。
 そして、隊のコンセプトとエンブレムの親和性をあげるなら構成隊員がオペレーター、アタッカー、オールラウンダー、ガンナー、スナイパーと全員が異なるポジションである点が、様々な生物の複合されたコカトリスの外観と一致するからと思われます。

IMG_20181126_0005
(BBFより引用)

 ボーダーの顔ことA級五位嵐山隊ですね。ザキさんがいつ抜けたにもよりますが、このモチーフの五芒星の五つの頂点と五つ五芒星はそれぞれ嵐山、木虎、時枝、佐鳥、綾辻さんを表してると思われます。綾辻さんを含めて五人全員がボーダーとしての顔を全うしている点もあって、この中にザキさん要素は含まれてないと思います。エースの優等生・木虎、主人公でもないのにもかかわらず圧倒的主人公感を漂わせる嵐山さんとどんな仕事でもそつなくこなすトッキー、正直ツインである意味をあまり見いだせない(四巻の時はなるほどとは思いましたが笑)佐鳥、なぜか圧倒的女子アナ雰囲気を醸し出す綾辻さん(きっと所属はセイントフォース)などアイドル性の高い隊でもあります。佐鳥は日ごろのツインスナイプのおかげで腰うち精度半端なさそうですよね。スナイパーって腰うちしないとは思いますが。ちなみに嵐山さんの懐は海のように広い。

とりあえず今回はここまでです。どの隊もコンセプトが異なっていて非常に面白いですね。はやくA級部隊のそれぞれの部隊での戦闘が見てみたいものです。


ではノシ